オンライン診察

オンライン対象診察

  1. アフターピル72時間 8,500円
  2. 低用量ピル28日周期:マーベロン 3,300円・トリキュラー3,300円・ヤーズフレックス12,000円)
  3. GLP-1(サクセンダ)1本(0.6mg30日分)  25,000円 ※血液検査が必要な場合がございます。
  4. シスペラクリーム 35,000円

※診察料無料

APスキンクリニックのピル オンライン診療
APスキンクリニックのピル オンライン診療
APスキンクリニックのピル オンライン診療
APスキンクリニックのピル オンライン診療

アフターピルとは

アフターピル(緊急避妊薬)は、避妊に失敗した際にやむを得ず緊急避妊を行うためのピル(女性ホルモン剤)です。排卵の抑制することや受精卵を着床させないようにすることにより強制的に体を妊娠しない状態にするもので、性行為後から服用までの経過時間が短いほど避妊の効果が高まるため、なるべく早く服用することが大切です。

アフターピルは、海外では一般的な薬局でも買えるような薬剤であり、適切に使えば安全性・有効性がきちんと保証されています。当院では、国内正規品を正規のルートで仕入れたものを取り扱いしております。

当院で取り扱うアフターピルは、「性行為後3日(72時間)以内に服用が必要なアフターピル」となり、医師がオンラインにて診察したうえで処方します。

薬剤種類

  • レボノゲストレル錠(72時間)

    日本で認可されているアフターピル2種類あり、どちらも同じ成分を用いたもので先発医薬品と後発医薬品(ジェネリック医薬品)です。当院で取り扱っているレボノルゲストレル錠はジェネリック医薬品のため、薬価がさえられており万が一の時でも手に取りやすいものとなっております。

低用量ピルとは

低用量ピルには女性ホルモンが含まれており、毎日1回決まったタイミングに服用することで排卵を抑制し、正しく服用すればほぼ確実に避妊することが可能です。
日本では低用量ピルの使用率はまだ低いのが現状ですが、 欧米をはじめ海外では一般的に使用される薬剤です。近年、日本でも、リスクをきちんと理解し低用量ピルを服用する方が増えています。

こんな方におすすめ

低用量ピルは、女性の様々な悩みに対して寄り添う様々な効果が多数存在しています。

薬剤種類

  • マーベロン

    黄体ホルモン「デソゲストレル」を主成分とした第3世代のピルで、1種類の薬剤を飲み続けるので服用の難しさがなく、ホルモンバランスの変化によって起きるPMSなどの改善などにも期待できます。

  • トリキュラー

    「レボノルゲストレル、エチニルエストラジオール」を主成分とした第2世代のピルで、3種類の薬剤を決められたタイミングで服用することで自然なホルモン変化が実現でき、副作用のリスクが少ないと言われています。

  • ヤーズフレックス

    「卵胞ホルモン(エストロゲン)、黄体ホルモン(プロゲスチン)」の2つの有効成分が配合された第4世代のピルで主に月経困難症と子宮内膜症の治療に用いられます。副作用を低減するために卵胞ホルモン量が抑えられており超低用量ピルとも言われています。

診療時間と薬剤の発送について

※15時以降の診察で翌日が休診日の場合、翌営業日に発送となります。

Q&A

Q.アフターピルの処方に保険証は必要ですか?

A.当院のオンライン診療はLINEビデオ通話にて行いますので、LINEアプリがダウンロードされていれば診療をすることができます。お支払いはクレジットとなります。オンライン診察後支払い情報をお送りするのでお支払いください。お支払い確認後発送いたします。

Q.オンライン診療に必要なものはありますか?

A.当院のオンライン診療はLINEビデオ通話にて行いますので、LINEアプリがダウンロードされていれば診療をすることができます。

Q.支払いはどうすればよいでしょうか?

A.クレジットカード決済専用のURLを診察後にお送りさせていただきます。そちらにアクセスしていただき、お支払いをお願いいたします。

Q.配送エリアは決まっていますか?

A.全国どこでも対応可能です。ただ、アフターピルはなるべく早く服用することで避妊の確率が高まるため、当日15時までに診察した場合は当日発送に対応いたします。送料は全国一律730円となります。

オンライン診察

  1. オンライン診察

    アフターピル72時間 8,500円 低用量ピル28日周期:マーベロン 3,300円…

オンライン診察